Articles

NOT SO HOWELL-JOLLY:A CASE OF SHRAPNEL INDUCED TROPONEMIA

背景

急性冠症候群はトロポニン上昇の最も一般的な原因であるが、トロポネミアの他の原因は、特に心臓病のリスクまたは病歴のない患者では、差動に保たれるべきである。

ケース

HTN、HLD、最近前立腺癌と診断された過去の病歴を持つ77歳の男性ベテランは、提示の3時間前に始まり、ニトログリセリン錠剤1錠で緩和された典型的な心胸痛を訴えてEDに到着したが、その後戻った。 EDでは、彼は1つのニトログリセリンタブ、81mgのアスピリンを与えられ、痛みは8/10から2/10に変化した。 トロポニンはEKGの変更なしで0.47ng/mlで上昇した;彼はヘパリンで開始され、病院に入院した。 リピートトロポニンは9.2ng/mlであった。 心臓カテーテル法は有意な心臓病理を示さなかった。

意思決定

トロポニンが上昇したため、左心臓カテーテル法でACSの証拠が見られないため、重要なトロポネミアの他の原因を検討する必要があります。 既知の活性悪性腫瘍を有する患者は静脈血栓塞栓症のリスクが高いため,PEの証拠を示さなかったが,心膜に付着した大きな前縦隔塊を示したCTPEプロトコールを行った。 この時点で、CT手術を相談し、cd20およびCD3陽性細胞ならびに脾臓組織と一致する血管組織を示す針生検を行った。 患者は、ベトナム戦争での戦闘から外傷性脾摘出術の4十年後にトロポネミアと胸痛を引き起こす胸部脾腫を有することが決定された。 腹部脾腫は脾摘出後に比較的一般的であるが、胸部脾腫の30未満の症例報告が報告されている。 心筋梗塞を模倣した前縦隔腫瘤の症例はほとんど報告されておらず、すべてが悪性腫瘍と関連している。 患者のトロポニンが正常に戻り、胸痛が解決したので、患者は徴候が戻ったらそれ以上の管理のための外来患者として追うことを選んだ。

結論

この症例はトロポニン血症のまれな原因を示し、急性冠症候群がトロポニン上昇による胸痛の唯一の原因ではないことを強調している。 それも簡単であるように見える場合には、広範な差を維持するためのリマインダーを提示します。

脚注

ポスター貢献

ポスターホール、ホールF

土曜日、March16、2019、3:45p.m.-4:30P.m.

セッションタイトル:FIT臨床意思決定:急性および安定虚血性心疾患1

演心臓病<1623><546>講演番号:1163-161<1623>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。