Articles

非専攻のための生物学I

学習成果

  • 減数分裂IIのステップを説明する

いくつかの種では、細胞は減数分裂IIに入る前に短い間期または間期に入る。 減数分裂Iで産生された二つの細胞は、同期して減数分裂IIのイベントを通過します。 減数分裂IIの間、2つの娘細胞内の姉妹染色分体は分離し、4つの新しい一倍体配偶子を形成する。 減数分裂IIの力学は、各分裂細胞が相同染色体のセットのみを有することを除いて、有糸分裂に類似している。 したがって、各細胞は、有糸分裂を受けている二倍体細胞として分離する姉妹染色分体の数の半分を有する。

前期II

終期Iで染色体が脱縮すると、再び凝縮する。 核エンベロープが形成された場合、それらは小胞に断片化する。 インターキネシス中に複製された中心体は、互いに反対の極に向かって離れて移動し、新しいスピンドルが形成される。 核エンベロープは完全に分解され、スピンドルは完全に形成される。 各姉妹染色分体は、反対の極から微小管に付着する個々の動原体を形成する。

中期II

姉妹染色分体は最大限に凝縮され、細胞の赤道で整列しています。

後期II

姉妹染色分体は動原体微小管によって引き離され、反対の極に向かって移動する。 非動原体微小管は細胞を伸長させる。

この図は減数分裂Iと減数分裂IIにおける染色体アライメントを比較したものです。 前後期Iでは、相同な染色体対がキアズマタによって一緒に保持されている。 後期Iでは、相同対が分離し、キアスマタでの接続が壊れているが、姉妹染色分体は動原体で接続されたままである。 前後期IIでは、姉妹染色分体は動原体で一緒に保持されています。 後期IIでは、動原体の接続が壊れており、姉妹染色分体が分離しています。

図1. 染色体アライメントのプロセスは、減数分裂Iと減数分裂IIの間で異なります。 前後期iでは,相同染色体の融合した動原体に微小管が付着し,中期Iでは相同染色体が細胞の中点に配置される。 前後期IIでは、微小管が姉妹染色分体の動原体に付着し、姉妹染色分体が中期IIでは細胞の中点に配置され、後期IIでは姉妹染色分体が分離される。

終期IIと細胞質分裂

染色体は反対の極に到着し、脱結合を開始します。 核エンベロープは、染色体の周りに形成されます。 細胞質分裂は、二つの細胞を四つのユニークな一倍体細胞に分離します。 この時点で、新たに形成された核は両方とも一倍体である。 生産された細胞は、父方および母方の同族体のランダムな品揃えと、交叉中に起こる染色体の母方および父方のセグメント(遺伝子のセットを含む)の組換えのために遺伝的にユニークである。 減数分裂の全過程を図2に概説します。

この図は減数分裂の段階を概説しています。 間期では、減数分裂が始まる前に、染色体が複製される。 減数分裂Iはその後、いくつかの段階を経て進行する。 前期Iでは、染色体が凝縮し始め、核エンベロープ断片が形成される。 相同な対の染色体が並んでおり、それらの間にキアマタが形成される。 交差はchiasmataで発生します。 紡錘形の繊維は、中心体から出てくる。 前後期Iでは、相同染色体は紡錘体微小管に付着する。 中期Iでは、相同染色体は中期プレートに並んでいます。 後期Iでは、紡錘の微小管は染色体の相同対を離れて引っ張ります。 終期Iおよび細胞質分裂では、姉妹染色分体は細胞の極に到着し、脱結合を開始する。 核エンベロープが再び形成され始め、細胞分裂が起こる。 減数分裂IIは、その後、いくつかの段階を経て進行する。 前期IIでは、姉妹染色分体が凝縮し、核エンベロープ断片が形成される。 新しいスピンドルが形成され始める。 前後期IIでは,姉妹染色分体が動原体に付着するようになった。 中期IIでは、姉妹染色分体は中期プレートに並んでいます。 後期IIでは、姉妹染色分体は短縮スピンドルによって引き離される。 終期IIおよび細胞質分裂では、核エンベロープが再び形成され、細胞分裂が起こり、四つの一倍体娘細胞が生じる。

図2。 二倍体数が4(2n=4)の動物細胞は、減数分裂の段階を経て4つの一倍体娘細胞を形成する。

減数分裂の過程をレビューし、染色体がどのように整列して移動するかを観察する。

貢献します!

このコンテンツを改善するためのアイデアはありましたか? 私たちはあなたの入力を愛したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。