Articles

月経片頭痛の有無にかかわらず、女性の片頭痛における月経前症候群の症状

本研究では、MMの女性はnMMの女性よりも多くのPMS症状を報告しませんでした。 有意に高いHIT-6スコア、より多くの片頭痛の日/月および片頭痛発作の長い期間は、MMの女性によって報告されたが、MIDASスコアは群間で類似していた。

私たちの結果はいくつかの理由で慎重に解釈されなければなりません。 まず、主にPMSの心理的および感情的側面を強調するDSM-IV基準を使用しました。 11の質問のうち1つだけが生理学的症状に関連しています。 Pmsの他の定義は、International Classification of Disorders10th edition(ICD−10)、International Society for Premenstrual Disorders(ISPMD)、およびRoyal College of Obstetricians and Gynaecologists(RCOG)からのものなど、身体的および心理的症状を同一視しています。 したがって、私たちの研究は主に心理的症状を検出し、他の診断基準の適用が異なる結果をもたらしたかどうかを推測することしかできません。 第二に、私たちのPMSデータは、レトロスペクティブ自己報告、異なる症状の重症度に関する情報の欠如、およびそれらが日常生活に干渉するかどうかのた その結果、月経前症状の発生についてのみ結論づけることができますが、この集団におけるPMSの有病率、または日々の機能への干渉の重症度および程度 しかし、これは両方のグループのすべての参加者のケースであり、MMの有無にかかわらず女性の間の違いの欠如を説明することはできません。

MMの診断は臨床 我々は以前に女性の頭痛の日記に対して臨床面接診断を検証し、良いチャンス修正された一致率(カッパ0.62)を発見しました。 サンプルがすべての月経の少なくとも50%の自己報告された片頭痛に基づいて選ばれたので、それは一般的な女性の片頭痛の人口の代表ではないかも これは、MMの現在の診断の有無にかかわらず、女性の間の差の欠如に寄与している可能性があります。

女性のいずれも片頭痛予防として抗うつ薬を使用し 私たちは、片頭痛以外の理由、例えばPMSの管理のためのSSRIの使用のための精神医学的併存疾患および抗うつ薬の使用に関する情報を持っていません。 参加者は36-40歳であり、私たちの調査結果は他の年齢の女性には有効ではないかもしれません。 最後に、この断面設計は、このトピックの研究には最適ではありません。 将来的には、将来の症状記録を伴う縦断的研究が推奨される。

これまでの研究では、PMSの女性における片頭痛のリスクの増加が報告されていますが、MMの女性におけるPMSの発生に特異的に対処した研究はほとん

40-74歳の728人の女性を含むスウェーデンの人口ベースの研究では、PMSを有する女性の片頭痛の有意な増加リスクが報告されましたが、MMの有無にかかわらず片頭痛の発生に差はなかった(16%対10%、p=0.55)。 PMS診断はDSM基準に基づいていたが、MMは現在のICHD基準よりも厳密に定義されていた(すべての攻撃の≥75%は月経周期の1±2日目に発生すべきである)。 両方の診断を遡及的に評価した。

対照的に、40-55歳の女性1436人を含む台湾の人口ベースの研究では、PMSを有する片頭痛患者の自己報告MMの有病率が、PMSを有しない片頭痛患者と比較して有意に高いことが報告された(57.7%対38.9%、p<0.01)。 MM診断は基準に基づくものではなく、遡及的に「月経の2日前または月経中により頻繁に起こる片頭痛発作」として定義され、月経に関連して発作の頻度を必要としませんでした。 PMSは、国際障害分類第10版(ICD-10)に基づいて自己投与アンケートによって遡及的に診断され、周期的に発生する七つの特定の身体症状または気分症状の少な

これらの研究は選択された診療所の集団に基づいているため、他の研究との直接比較は困難です。 モデナの産婦人科の生殖ユニットの心理生物学に参加する64人の女性を含むイタリアの研究では、PMM(14/22)の女性の半分以上とMRM(4/12)の女性の三分の一がPMSを持っていたことが報告されている。 症状が心理的スペクトルの極端な終わりにある状態として定義されている月経前不快感障害を有する83人の女性を含む日本からの別の報告は、片頭痛(68.7%)の非常に高い有病率を提示する。 オーラのない片頭痛を持つすべての女性の90%以上がそのサンプルにMMを持っていました。

このように、PMSとMMの定義の違い、評価方法(前向き評価と症状のレトロスペクティブレポート)、および研究集団の違いなどの方法論的な違いによって、研究

注目すべきは、片頭痛発作の発症前に全片頭痛患者の80%2-48時間までに発生するpms症状と片頭痛の前兆症状との間の類似性である。 このような症状の例は、視床下部およびドーパミン作動性活性のictal前変化によって駆動されると仮定される食物渇望、気分の変化、および嗜眠である。 頭痛はまた、PMSの生理学的症状のスペクトルに含まれる。 したがって、PMSとMMのタイミングに関する重複だけでなく、症状の重複もあります。 定期的にMM攻撃を経験する女性は、PMSを模倣する前の片頭痛症状も定期的に経験する可能性があります。 これはおそらく、我々が行ったよりも、MMおよびPMSの両方についての他の診断基準を使用して、いくつかのMM集団で検出されたPMSの高い有病率を説明 私たちの研究でMMを持つ女性は、より高いヒットスコア、より多くの片頭痛の日と攻撃の長い期間の面で片頭痛の影響が高いことを報告しましたが、PMS症状はMMの有無にかかわらず女性でも同様に頻繁であった。これはMMとPMSの基礎となる異なるメカニズムを示唆しているかもしれません。

両方の状態で同様なのは、月経周期の特定の段階に関連して症状が周期的に発生することである。 生理学的なホルモン性の変更への異常な応答のホルモン性の変更のための神経内分泌システムとoversensitivity間の相互作用は、PMSおよびMM両方の下にあるために仮定されます。

ほとんどの研究では、健康な女性と比較して、pmsまたはMMの女性におけるエストロゲンおよびプロゲステロンの血中濃度に異常は示されていません。 但し、PMSでプロゲステロンのレベルの変更の率の連合は報告されました。 対照的に、黄体期におけるエストロゲンレベルのより速い低下は、女性の片頭痛で報告されている。 MMのためのこの”エストロゲン回収”のメカニズムはプロゲステロンおよび排卵両方の独立者です。 PMS症状の病態生理に関する多くの異なる理論があります。 主な理論は、後者がプロゲステロンの存在の結果であり、おそらくその撤退であり、したがって排卵周期でのみ起こり得ることを示唆している。 さらに、低セロトニン作動状態の関与が示唆されている。 両方の条件の管理は、これらの異なるメカニズムに向けられています; PMSでは、セロトニン(Ssri)の調節および排卵の抑制を目的としているが、MMの主な標的は後期黄体期におけるエストロゲン離脱の予防である。 さらに、PMSは排卵の女性でしか診断することができ、排卵の抑制はPMS徴候の主要な減少か除去で起因します。 対照的に、MMはエストロゲン回収が起こる限り禁じられた排卵の状態に発生します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。