Articles

世界初! 水族館で生まれたタイガーシャーク。現在はシャーク研究所タンクに展示されている。 /トピックス/沖縄美ら海水族館-沖縄の美しい海を継承する次の世代のために。 –

沖縄美ら海水族館のサメ研究室の水槽で生まれた捕獲飼育されたトラザメの世界初の展示を発表します。 また、日本で唯一のサメ水槽でもあり、シルバーチップシャークやシルキーシャークなどの珍しいサメも展示されています。

世界初! 生まれまでの水族館

  • 世界初!水槽産まれのイタチザメ サメ博士の部屋水槽で展示開始!!
  • ≪タイガーシャーク♂
    学名:Galeocerdo cuvier
    英語名:Tiger shark

    タイガーシャークは、長さ4メートル以上に成長することができるレクイエムシャークの種です。 若い虎のサメは、彼らの側面に独特の縞模様を持っています。 タイガーシャークは、世界の熱帯および亜熱帯の海域で発見されています。 日本では主に琉球列島周辺に分布する。

一緒に展示! 日本では、沖縄美ら海水族館ならではのものです

  • ヨマジロ
  • ≪シルバーチップシャーク♂
    学名:Carcharhinus albimarginatus
    英語名:シルバーチップシャーク

    シルバーチップシャークは、特徴的な白い先端とそのフィンに白い後縁から彼らの名前を得ます。 彼らは太平洋とインド洋の熱帯および亜熱帯地域に分布しています。 沖縄本島周辺ではほとんど見られないが、八重山地方では比較的一般的である。

  • クロトガリザメ
  • ≪シルキーシャーク♂
    学名:Carcharhinus falciformis
    英語名:シルキーシャーク

    シルキーシャークは、長さ2.5メートル以上に成長することができるレクイエムシャークの種です。 他のサメと比較して背鰭は非常に小さく、先端は丸くなっている。

展示場所

沖縄美ら海水族館「サメ研究室」

2019年6月25日より

から展示開始※動物の状態により展示が終了する場合があります。

展示されている若い虎のサメは、二年前にサメ研究所のタンクで生まれました。 水族館で生まれた世界初のタイガーシャークです。 出生時の長さは約80cmで、二年後には長さは約2メートルに成長しています。 あなたはその誕生の特別な映像を見ることができます。 シルバーティップシャークとシルキーシャークも同じ水槽で泳いでいます。 日本で飼育されているシルキーなサメの例はあまりありません。 シルバーチップシャークを見ることができる日本で唯一の水族館です。
これらのサメの飼育は困難であるため、その生態に関する情報は限られている。 しかし、継続的な飼育を通じて、私たちは彼らの成長と生殖について多くを発見することができます。 この機会に、希少なサメを見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。