Articles

ハワイの大きさの「異常」は月の最大のクレーター

の下に埋められている地球の月は、その物語の暗い側に巨大な秘密を隠しています。 月の南極-エイトケン盆地(太陽系のどこでも最大の保存された衝突クレーター)の下で、研究者は明らかに月の重力場を変えているマントルに蓄えられた重金属の巨大な”異常”を検出しました。

4月5日にGeophysical Research Letters誌に掲載された謎の塊の研究によると、この異常は、約40億年前に月の裏側に衝突し、巨大な南極-エイトケン・クレーターを作った小惑星の残り物である可能性がある。 しかし、研究者がこの時点で確かに言うことができるのは、塊が大きいということです—2.4兆米国トン(2.18 5000キログラム)の近くのどこかで重さがあ

「ハワイの大きな島の5倍の金属の山を取り、それを地下に埋めることを想像してください」と、ベイラー大学の芸術大学の科学の惑星地球物理学の助教授、Peter Jamesは声明の中で述べた。 “それは私たちが検出したどのくらいの予想外の質量です。”

ジェームズと彼の同僚は、月の地形の地図とNASAの重力回復インテリア研究所(GRAIL)ミッション—2011年の実験で収集されたデータを比較しながら、塊を発見した。

聖杯の測定値は、南極-エイトケン-クレーターの底を半マイル以上引っ張っている非常に重いものを明らかにした。それが何であったとしても、問題の異常は月の表面の数百マイル下に埋もれていました。

新しい研究では、研究者らは衝撃シミュレーションを実行して、この地下の破片が理論的には、月のコアに部分的に立ち往生した重い鉄-ニッケル小惑星の残党である可能性があることを示した。

「私たちは数学を行い、衝突を引き起こした小惑星の十分に分散したコアが現在まで月のマントルに懸濁したままであることを示しました」とJamesは言

幅約1,553マイル(2,500キロメートル)の南極-エイトケン-クレーターは、すでに月の最大の謎の一つです。 それは太陽系で最大の衝突クレーターであるだけでなく、そのそびえ立つ縁と深い盆地にも月の最高と最低の標高が含まれています。

研究者達は、埃っぽい岩の巨大なボウルが何からできているのか完全にはわかりませんが、地殻と塵の上層の中に月のマントルの塊が含まれてい 今年初めに月の裏側に到達した中国のChang’E-4着陸船は、最近、クレーターの近くの土壌の分析を開始し、科学者たちに月の内臓が何でできているのかを最初に覗かせました。 月の歩行者が言うかもしれないように、それは塊を理解するための小さな一歩です。

  • 5 Mad Myths About The Moon/Supermoon&History of Lunacy
  • Mars InSight Photos:赤い惑星
  • 宇宙で最も奇妙な12個の物体

もともとLive Scienceで公開されていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。